自宅を輸入住宅に決めたメリットについて

私はどちらかというと洋館のような見た目の住宅が好きです。以前から近場にある美しい洋風の住宅を眺めるのも趣味でした。いつかは輸入住宅に住みたいとも思っていました。日本の伝統的な日本屋敷のような住宅も美しいと言えば美しいのですが、瓦がとても重く比重からすると躯体に圧力をかけすぎるのではないかと思う節もありました。

最近は軽い洋風の瓦などもあるのですが、やはりいくら進化したとは言え重さがありますから、躯体への荷重も多大なものとなります。日本は昔から地震が多くそれに耐えられるように、あえて重い瓦を使ってきたのですが、様々な大規模地震を見ていますと、昔ながらの瓦屋根の日本式の住宅は倒壊してしまう比率も高いという現状もありました。

それから比べると、輸入住宅というのは実に合理的に出来ています。実際にはスウェーデン系の輸入住宅を購入したかったのですが、資材が非常に高値であり予算を考えると購入することはできませんでした。ですから欧米型の輸入住宅を購入することに決めました。

輸入住宅というのは、ツーバイ材で出来ています。これは2×4工法に使われる材料のことです。一般的には2×4が使われることが多いのですが2×6、2×10なども使われることがあります。最も耐久性や硬さの高い樹木はレッドシダーですが、こちらはとても高価です。

我が家はある程度購入費用も決まっていましたから2×4工法を選び、使われている樹木はホワイトウッドとなりました。本来は2×6や2×10の方が耐久性も高まりますし断熱性能も大幅にアップするのですが、室内の面積が少なくなるデメリットや予算を計算すると2×4工法が最も適切でした。

輸入住宅は2×4工法ですが最も壁倍率が高く、耐震性なども優れています。半面大幅なリフォームをしにくいというデメリットはあるのですが、なにしろ耐久性や耐震性、断熱性能に優れていますから、やはり輸入住宅を選んで良かったと思います。予算も決め手となりアーリーアメリカンの外観となりましたが、塗り替えが頻繁に出来る事もあり、屋根下の飾りも可愛らしいので気に入っています。夏も涼しく冬も暖かいので輸入住宅は最高です。

PR|初値予想|サプリメント|お小遣いNET|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|心の童話|アフィリエイト相互リンク|クレジットカードの即日発行じゃけん|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|生命保険の選び方|