北欧スタイルのインテリア

シンプルでナチュラルなインテリアが、北欧スタイルの輸入住宅特徴だといわれています。
シンプルなインテリアを基本に、カラフルな柄を取り入れたようなデザインが多いです。

北欧の気候は厳しく、冬になるとマイナス30度も気温が下がるといわれています。
厳しい冬でも、おうちの中では楽しく快適にすごすことが出来るようにと工夫されて作られているといわれています。

壁や床、天井などには、ナチュラルな色が使われることが基本で、白が基調になることが多いと言われています。
サブカラーに使われる色は、ブルーやグレー、グリーンといった寒色系の色が使われます。

アクセントカラーには、ビビットカラーなど、カラフルなカラーを使うことが多いです。

照明には、シンプルなものが使われることが多く、親しみを感じさせる空間を与えます。

温かみのある空間を演出するために、白い光よりも、温かみのあるオレンジ系の光を使った照明が使われることが多いと言われています。