マイホームの手すりもちょっとした失敗点で

わが家の「ちょっとした失敗点」といえば、余計なものをつけすぎているということです。わが家は、注文住宅で一戸建てマイホームを建てています。ですから、自分たちで好きなようにできたのですよね。

そして「一戸建てマイホームを建てる」という人生において、とても大きな出来事ですからね。なおかつ、一戸建てマイホームを建てるということは、容易に二度も三度もできないことです。ですから家づくりの際には、あれもこれもといろいろと追加してしまったのです。それが、うちの注文住宅一戸建てマイホームの「ちょっとした失敗点」につながっているのですけど。

例えばわが家は、階段に手すりをつけています。けれどうちには老人はいません。ですから手すりを使う人は、ここ10年(マイホーム新築から数えて)いないわけです。そしてなおかつ、階段を少し狭目に作っています。それにも関わらず、念のためにと手すりをつけていますからね。はっきり言って邪魔なんです。この点も「ちょっとした失敗点」なわけですよ。手すりって、取り付けはすぐにできますからね。それなら、必要になった時につければよかったーと、後悔しています。